校閲ガールの動画を【全話無料】で視聴する方法!HuluがやっぱりNo.1?

2016年のドラマ注目作であり、常に10%以上の高視聴率を記録した「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(以下、「校閲ガール」と略)。

「校閲」という一般的には知られていない仕事をメインテーマとした斬新な作品であり、その独特の世界から多くのファンを生み出しました。

このページでは校閲ガールを無料視聴する方法のみならず、あらすじや作品の魅力を紹介しています。

校閲ガールが無料で見れる動画配信サービス(VOD)

校閲ガールを視聴できる動画配信サービスはHulu、U-NEXT、dTV、auビデオパス、Amazonプライムビデオと5つあります。(有名どころではnetflixなどは配信していない)

ただ、Amazonプライムビデオは1話あたり324円の課金式サービスであるため無料で校閲ガールを見たい方にはおすすめできません。

そんな中、Hulu、U-NEXT、dTV、auビデオパスの4種類の動画配信サービスは有料サービスではありますが、無料期間が設けられています。

そのため、無料期間中であれば校閲ガールを無料で1話から最終話までご覧いただくことが可能です。

では、この4つの動画配信サービスでどれがおすすめなのか理由を含めてランキングで紹介します。

おすすめその1!「U-NEXT」

校閲ガールを無料視聴したいと考えているならU-NEXTを真っ先におすすめします。

dTVでは視聴不可能なスピンオフ作品の「河野悦子…がいない水曜日」を視聴可能で、無料お試し期間も31日間とあるため自分のペースで視聴していくことができます。

おすすめその2!「Hulu」

HuluもU-NEXT同様に、ネットでのみ配信されるスピンオフ作品が視聴できることからおすすめです。

無料期間は14日間とU-NEXTに比べて短いものの、基本料金が933円(税込み)という点はコスト重視派にとって魅力的ですね。

う~ん・・・「dTV」

dTVはU-NEXT、Huluに対して1ランク下の評価となりました。

やはり校閲ガールを最大限楽しむと考えたときに、スピンオフ作品を視聴可能なU-NEXT、Huluと比べると格落ち感が否めないと判断しました。

無料お試し期間がdTVは31日間というポイントについては評価できます。

校閲ガールのあらすじ(ネタバレなし)

おしゃれが大好きで、ポジティブさがウリの河野悦子。

ファッション誌の編集者になるのが目標であり、ファッション誌「Lasssy」の編集者になるべく景凡社の中途採用試験を受けます(悦子は景凡社の面接はこれが7回目であり、社内でも話題に)。

面接では持ち前のポジティブさ、ファッションに対する熱意を前面に押し出し、ファッション誌の編集部で働きたいという意志を面接官にPRしました。

そして面接の夜、景凡社より連絡があり、念願かなって景凡社に採用されることになります。

悦子は、ファッション誌で活躍する未来を想像し期待に胸を膨らまして入社しましたが、そこには残念な現実が待ち構えていました。

なんと、悦子が配属されたのはファッション誌編集部ではなく、雑誌の誤字・脱字や表現のチェック等を担当する「校閲部」だったのです。

ファッション誌での仕事を夢見ていた悦子は「校閲」という地味な仕事に落胆します。

その上、高校時代の後輩である森尾登代子がファッション誌編集部で活動していることを知り、不満が爆発。

校閲部長である茸原渚音に、悦子は「ファッション誌編集部が希望だった」と徹底的に抗議します。

そこで芦原から、「校閲部での仕事が認められると、好きな部署に異動できるかもしれない」と言われた悦子は校閲部で頑張っていこうと決意するのです・・・。

校閲ガールの見どころ

1.校閲という地味ながら大事である仕事を詳しく知ることができる

校閲という仕事は、確かに華やかな仕事では決してありません。

しかしながら、小説や雑誌のみならず芸能界でもインタビュー記事等で欠かせない仕事でもあり縁の下の力持ちのような存在です。

これまでスポットライトが当たらなかった、校閲という作業についてのありがたさや面白さが伝わる構成になっているので新鮮味があります。

「地味だけど、魅力的かも」。ドラマを見終わったころにはあなたもそんな感想を抱いているかもしれません。

2.悦子のファッションに注目!

悦子は「ファッションが大好き」という設定の女子です。

「ファッション誌の編集者」としてのファッションを意識しているため、「個性的で真似できない!」という一部視聴者の声もありました。

それでもツイッター等を見る限りでは大多数の女性の参考になったようです。

そもそも、ファッションに正解というものは無いので一つの作品として悦子のファッション目的でしても面白いかと思います。

校閲ガールの登場人物

河野悦子(石原さとみ)

折原幸人(菅田将暉)

森尾登代子(本田翼)

貝塚八郎(青木崇高)

茸原渚音(岸谷五朗)

校閲ガールを見た一般視聴者の感想・口コミ(ネタバレなし)

こんな人に校閲ガールがおすすめ

・校閲という仕事に興味がある

・ファッションが好き

・頑張る女性が活躍する作品が見たい

これらに該当する方には校閲ガールの視聴をおすすめします。

「校閲とファッション」という一見、相反している二つのテーマを軸とした作品ですが、校閲という地味な作業と悦子らのファッションが楽しめる作品です。

また、とにかくポジティブで仕事に打ち込む悦子の姿には「自分も頑張ろう」と勇気づけられた女性も多かったようで、仕事に疲れているけどポジティブに頑張っていきたいという方にも是非見てほしいですね。

校閲ガールが好きな人にはこんなドラマもおすすめ

まとめ

以上、校閲ガールを無料視聴する方法や作品の魅力の紹介でした。